アクセシビリティ

文字の大きさ
表示色の変更

検索システム

教育相談情報提供システムから検索

操作条件を入力すると目的のページを見ることができます
 

全国相談機関情報から検索

教育相談の実態調査のデータを元に地域、年齢、障害種別、相談内容から検索できます。

 
 

(4) 子どもの現在の様子

 主訴を絡めて、現在の子どもの性格や行動に関してきき ます。   生活年齢・発達の状態によって、基本的な生活習慣がどれくらい身についているかを確認します。また家族との関わりなどを訊ねることで、他者との関係の持ち方を推測することができます。必要に応じ、園や学校での友達との関係などもききます。

  子どもの年齢や発達の様子に応じて訊ねる内容は変えていきます。

     ● 基本的生活習慣
     〔食事、排泄、衣類の着脱についてききます。〕

     ● 家族との関わり
     〔家族への関心やかかわりについてききます。〕

     ● 国や学校での様子
     〔友達との関わりの様子や集団の中でどのように過ごしているか等をききます。〕

     ● 学校の情報
〔子どもが学校に在籍している場合、在籍している学校や学級(通級指導教室や特殊学級)についてききます。もし学校名を伝えたがらない場合には、保護者は学校との関係に慎重になっているかもしれませんので配慮が必要です。〕

     ● 学校への連絡
〔学校に連絡を取ってもよいかどうか、またどのようなことまでなら在籍機関に問い合わせをしてもよいかを確認します。〕