ログイン 
閉じる
ロゴ
 
TOP > 展示機器の紹介> 視覚障害のある児童生徒のための教育支援機器等の活用 
文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示
バーチャルツアー

見学について
 
国立特別支援教育総合研究所

特別支援教育教材ポータルサイト
 

 展示機器のご紹介

 

視覚障害のある幼児児童生徒のための教育支援機器等の活用

視覚障害のある幼児児童生徒の情報収集やコミュニケーションの手段として教育支援機器等が欠かせないものとなっています。
視覚障害のある児童生徒のコンピュータ利用は,視覚を活用できる弱視の幼児児童生徒の場合と,聴覚と触覚を活用する盲の幼児児童生徒の場合に分けて考えら れます。弱視の場合は画面拡大ソフトやユーザー補助などを利用して見えにくさを補います。盲の場合は,画面読み上げソフト や点字ディスプレイを利用して画面状況を確認します。画面読み上げソフ トは,盲の幼児児童生徒だけでなく,細かい文字を読むことが難しい強度の弱視の幼児児童生徒にとっても便利です。
 
読み上げソフト
読み上げソフト
キーボード操作に応じて画面の情報を 音声で読み上げます。
画面拡大ソフト
画面拡大ソフト
文字を大きくしたり,背景と文字の色 を変えたり,ポインタの大きさや動き 方を変えたりして,画面を見やすくし ます。
点字ディズプレイ
点字ディズプレイ
画面読み上げソフトで音声として確認 していた内容を,点字でも確認するこ とができます。
スキャナとOCR
スキャナとOCR
印刷物を電子化して,読み上げたり, 拡大表示したりできます。
 
go to page top