ログイン 
閉じる
ロゴ
 
TOP > 展示機器の紹介> 重度・重複障害の児童生徒のための教育支援機器等の活用 
文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示
バーチャルツアー

見学について
 
国立特別支援教育総合研究所

特別支援教育教材ポータルサイト
 

 展示機器のご紹介

 

重度・重複障害の幼児児童生徒のための教育支援機器等の活用

障害の重い幼児児童生徒は,病気等の理由により身体機能が制限されています。そのため,周りの環境の認知や表現が難しく,受け身の活動が多くなってしまいます。しかし,適切な方法を用意し,本人の表現を引き出すことで環境 ( 人 ) との応答関係を作ることができます。
そこで「できること」を広げるための,様々なおもちゃや入力装置が利用されていす。本人の自己肯定感を育てる中で学習意欲が高まってきます。
 
プッシュ型スイッチ
プッシュ型スイッチ
おもちゃ等と接続して操作できるスイッチです。
打楽器叩き装置
打楽器叩き装置
太鼓などをスイッチ操作でたたく装置です。
 
スイッチトイ
スイッチトイ
大型スイッチを押しておもちゃを動かしています。
脳波スイッチとパソコン
脳波スイッチとパソコン
額に付けた脳波スイッチでβ波を出し パソコンを操作しています。
 
go to page top